正福寺のホームページ『正福寺HOT NEWS』

2020年5月25日

令和2年の永代経法要の動画を載せました!

5月24日(日)午後2時から「令和2年 正福寺・永代経法要」を厳かに勤めさせていただきました。新型コロナ感染症の拡大で、参拝される方の動向が気がかりでしたが、お蔭さまで多くの皆様にご参拝いただき、有り難いことでした。ご参拝のお一人お一人が、阿弥陀さまのお浄土に生まれられた大切な方がたを偲ばれつつ、如来さまの大悲の温もりに触れていただいたことでしょう。

とはいっても、今回の事態を鑑みて、お参りを遠慮された有縁の方がたも大勢おられることでしょう(事前にお志を上げていただいた方が20人以上おられました)。その方がたに、また、このホームページをたまたまご覧いただいた方々にも、法要の様子を少しでもお伝えできればと思い、動画と写真を掲載させていただきました。ご覧いただければ幸いです(住職)

動画はこちらです

2020年5月18日

6月特別イベント「桑原怜子 トークピアノコンサート」開催

今年度初となります、ナムのひろば文化会館特別イベントは、

ピアニストの桑原怜子さんソロによる、トークピアノコンサートになります。

(画像クリックでPDFデータを開きます)

 

自宅待機要請で縮こまってしまった身も心も、桑原さんの心温まる

演奏とお話で解放していただければと思います。

※正福寺並びにナムのひろば文化会館は引き続き、新型コロナウィルス

感染拡大防止対策としまして、アルコール消毒と検温計の設置、十分な

会場内の換気と空間の確保に取り組んでまいります。

皆様には、マスク着用のご協力をお願い申し上げます。

2020年5月15日

ナムのひろば文化会館、徐々に活動再開へ

今月16日より、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う休業要請が段階的に解除される

という事で、対象の範囲内となるナムのひろば文化会館も、今まで通り十分な対策を

続けていく事を前提に、少しずつではありますが活動を再開していく所存です。

引き続きマスクの着用をお願いした上で、文化活動をされていた先生・生徒さんは

もちろん、練習会場等でご利用くださっていた皆様にも、少しずつ戻ってきて

いただけたらと思います。

 

また、6月28日(日)には「桑原怜子 トークピアノコンサート」を予定しておりますが、

アルコール消毒の徹底、会場の十分な換気と座席の空間の確保に取り組んだ上で

開催を予定しております。

 

今後とも、正福寺・ナムのひろば文化会館をよろしくお願い申し上げます。

2020年5月02日

“仏教に親しむお寺塾(Temple school)”開講【その2】

[仏像の魅力を探ねる](4回シリーズで仏像・仏教美術の専門家が語ります)

「仏身を観るがゆえに仏心を見る」という言葉が『観無量寿経』に説かれています。

仏像という仏さまのかたちを通して仏心、すなわち仏さまの大いなる慈悲心に遇う

ということです。われわれの身近におられるさまざまなお仏像をスライド等で

ご紹介しながら、仏のお心にふれていただく連続講座です。

講師に龍谷ミュージアムの専門スタッフお二人を迎えて、10月開講です。

 

◇各回のテーマと日時、講師は次の通り

【第1回】*テーマ=「仏像の種類」
*日時=10月18日(日)午後2時~3時半
*講師=石川知彦先生(龍谷ミュージアム副館長)

【第2回】*テーマ=「如来 ~阿弥陀如来を中心に~」
*日時=11月8日(日)午後2時~3時半
*講師=丹村祥子先生(龍谷ミュージアム研究員)

【第3回】*テーマ=「 菩 薩 」
*日時=12月20日(日)午後2時~3時半
*講師=石川知彦先生(龍谷ミュージアム副館長)

【第4回】*テーマ=「明王・天部」
*日時=R3年1月17日(日)午後2時~3時半
*講師=丹村祥子先生(龍谷ミュージアム研究員)

※会場はいずれも、ナムのひろば・サンガホール

◇参加志(協力金):*4回一括で5,000円(1回ごとでは1,500円/回)

◇ご講師紹介
《石川 知彦 先生》
専門分野は、仏画や仏像を中心とする日本仏教美術史。

1984年から2010年3月まで大阪市立美術館学芸課に勤務し、仏教美術を中心に

数々の展覧会を担当した。とくに聖徳太子や役行者に関する展覧会図録に多く執筆し、

それらに関する著書や論文がある。

 

《丹村 祥子 先生》
専攻は日本彫刻史。奈良時代末から平安時代初期の菩薩像を中心に、

髪型や頭飾の形式変遷をテーマにした調査・研究をおこなっている。

論文「8~9世紀菩薩形像の髪型に関する考察―平安時代初期彫刻研究の一指標として」

(『フィロカリア』34号、2017年)。

 


(画像クリックでPDFデータを開きます)

正式なチラシは近日中に出来上がりますが、上のデータを印刷いただき

お使いいただいても構いません。

 

この機会に、是非仏像に触れ合ってみてください。

2020年5月01日

“仏教に親しむお寺塾(Temple school)”開講【その1】

丸ごと「正信偈」(浄土真宗の真髄に迫まる2コース)

①勤行&聞法(要は「正信偈」のお勤めとそのお味わいです)

(※換気の良いお寺の本堂での勤行です)

*「正信偈」は、宗祖・親鸞聖人の主著『教行信証』の中に収められた偈文

(七言一句で120句・60行の漢詩で讃嘆されたもの)で、内容は、親鸞聖人が

至り届かれた究極の真実(浄土真実の教え)を、自らの人生観(宗教観)とし、

かつすべての人びとへのメッセージとして披瀝されたもの。いわば浄土真宗の要が

凝縮された聖典であり、浄土真宗の門徒にとって一番身近で親しむべきお聖教です。

余談ですが、ためらうことなく堂々と声を出してお勤めすると、唾液が出て口の中を

掃除してくれるそうです。また、体内の胃と肺へ行く道を分けさせる弁を動かす筋肉が

鍛えられるそうです。

*日時:毎月第4火曜日午前10時~12時(前半:お勤め,後半:偈文の味わい)

*会場:正福寺・本堂

*参加志:1,000円(②の写経も参加される方は、合わせて1,000円/月)

*講師:末本住職が担当します

 

②写経こころ講座(「正信偈」を約10回講座で順次、解説し書写します)

(※5月は休講、6月より予定しております)

*半紙の下から透ける文字を見て、毛筆で手書きしていきます。

勤行は口を使いますが、こちらは手という体の一部を使ってお聖教を味わいます。

どちらの講座も頭(心意)を使いますので、両講座に参加すると身・口・意の三業(行為)の

実践となります。

*日時:毎月第1木曜日午後2時~4時(前半:解説,後半:書写)

*会場:正福寺・一心庵(本堂の斜め向かいの建物)

*講師:末本住職が担当します

*参加志:1,000円(①の勤行&聞法に参加される方は合わせて1,000円/月)

 

(画像クリックでPDFデータを開きます)

 

写経・こころ講座は新型コロナウィルス感染拡大防止のため6月以降を予定しておりますが、

勤行・聞法は換気・通気の良いお寺の本堂にて初回5月26日開講となっております。

 

2020年4月25日

5月・文化活動の予定更新について

緊急事態宣言の効力が5月6日までとなっておりますが、現状では

延長の線が濃厚ではないかと思われます。

それぞれの文化活動をされている先生方のご判断もありますので、

5月の予定に関しましては5月7日以降に順次更新をさせていただこうと

思っております。

いつもご覧いただいている皆様にはご迷惑をおかけする事となりますが、

ご理解の程よろしくお願い申し上げます。

2020年4月13日

【動画】正信偈【気持ちよ届け】

昨日、Facebookの方に末本住職が「正信偈」のお勤めの様子を動画で上げられました。

少しでも多くの方に仏様、末本住職の心が届けられたらと思い、こちらにもリンクを

貼らせていただきます。

 

動画ページはこちら

 

上記リンクをクリックすると、動画のページへジャンプします。

ぜひご覧いただければと思います。

2020年4月13日

非常事態宣言発出後のお寺

本日4月13日、大阪府の吉村知事から、国の非常事態宣言発出に伴なう休業要請が出されました。その中に文教施設が入っていますが、正福寺の場合、床面積100㎡以下の場所ですので、活動休止の要請には該当しないと思われます。したがって、利用することが必要な場合には、お申出ください。その際、お寺では可能な限り(アルコール消毒液、非接触型体温計の設置など)の感染予防対策を講じたいと思いますので、どうぞご協力をお願い申し上げます。

なお、前述しましたようにお寺(ナムの会館含む)では、当面活動自粛をお願いしておりますこともご承知おきください。

また、お寺の掲示板にちょっとした言葉を手書きして載せております〔写真1,2〕。お買い物などで門前を通られた時にご覧いただければと思います。

2020年4月10日

【展示中】植村浩一展【会館・2階教室】

ナムのひろばフェスタに参加予定だった、陶芸家の植村 浩一(うえむら ひろかず)さんの

作品を、ナムのひろば文化会館・2階教室にて展示しております。

  

陶芸の数々に始まり、

  

絵画や「さをり織り」など、様々な作品を展示させていただいております。

 

長時間の建物内滞在は心配される方も多いと思いますが、少しの時間だけでも

覗いてみてはいかがでしょうか。

 

 

ナムのひろば文化会館の玄関にアルコールをご用意しておりますので、

お入りになられる際は両手を消毒くださいます様、ご協力お願いいたします。

2020年4月10日

花まつりは中止になってしまったけれど

4月8日(水)、石橋商店街・阪急石橋駅西口前で開催を予定しておりました花まつりが、

新型コロナウィルス感染症の影響により中止となってしまいました。

 

それでも、皆さんにお釈迦様と触れ合っていただきたい、お釈迦様の誕生日を

お祝いしていただきたいという思いから、ナムのひろば文化会館のひろばに

いつもは白い象さんの背中に乗られているお釈迦様を置かせていただいて

おります。

 

どなたでも、お釈迦様にあまちゃをかけていただき、お釈迦様をお祝いしていただけたらと

思います。

自由に立ち寄って、触れ合ってください。

2020年4月08日

ナムのひろばでの活動自粛いたします

3月28日付のこの欄のメッセージで、ナムのひろばでの活動を引続き行っていく旨の文章が掲載されましたが、新型コロナ感染の拡大が続き、不特定多数の人びとに感染する恐れが高まってまいりました。そういう状況に鑑み、今回、非常事態宣言がなされ、外出自粛等の要請が政府および大阪府から出されましたので、当面の間、講座、イベント等の活動、催しは自粛させていただきます。ご講師、参加者の皆様には、お辛い目に遭わすこととなりますが、どうぞご理解の上、ご協力くださいようにお願い申し上げます。

なお、本堂は昼間、いつでも開いております。心が滅入った時、安らぎを得たい時など、どうぞご自由にお参りされ、仏さまのお心に触れていただければと思っております。

有縁の皆様には、どうぞお体ご自愛くださいますように。再会の日を楽しみにしております。

正福寺住職 ナムのひろば主宰  末本弘然

2020年4月07日

会館で行われている講座について【4月】

新型コロナウィルス感染症の影響により、中止される講座が増えてまいりましたので

改めてこちらでまとめさせていただきます。

 

[月曜]

ふれあい混声コーラス・・・中止

トラディショナル・ヨーガ・・・中止

[火曜]

はじめよう現代短歌・・・当面の間中止

少林寺拳法(火・木・土)・・・当面の間中止

ふれあいカフェ(第2火曜)・・・中止

[木曜]

多納三勢絵画教室ABCC・・・中止

こども英語LITTLE KIDS・・・中止

[金曜]

心を豊かにする音楽科(ONCC主催)・・・9月開講予定

[土曜]

二胡ニコ音楽教室・・・当面の間中止

 

5月以降に関しましては、改めてこちらのHOTNEWSにてご報告させていただきます。

ページトップへ戻る